W I P と は

大学受験に特化し、学生講師ではなく大学受験歴15年以上の専任講師を中心にした個別又は、少人数授業で基礎から始められる大学受験予備校です!毎回しっかり理解ができ自信が持てるようになります。また、宿題や自習時の課題まで完全にサポートします!

wip%e6%a7%98%e3%83%9a%e3%83%a9%e7%9c%8b%e6%9d%bf

 

大学受験で受験テクニックなんてあるのだろうか、と疑問に思う人はいるでしょう。実は、解ける受験テクニックが大学受験にはあるのです。実際書店の参照書コーナーに行くと、「大学受験テクニック」、「大学受験に受かる裏ワザ」といったタイトル本が並んでいます。実際に読んでみると、長文問題の傾向などで役立つ情報がたくさん並んでおり、しかも出典元の問題は、れっきとした過去問からです。解説も非常に丁寧ですし、中にはこんな問題もあるの!?といったものもあります。一番分かりやすいの大学受験の受験テクニックは、現代文や英語の長文問題の選択の中に。『絶対』、『一つも~ない』、『みんな』といった白か黒か、0か100かといった強調する語句を見かけた事がある人は多いと思います。ですがそういった選択肢は、大抵答えはバツです。ですから、もし大学受験本番で、問題文の中で『絶対』等の表現を見つけたら、その選択肢は消去法ですぐにバツにしましょう。なぜなら、現実問題として『絶対的なこと』は存在していないからです。そういう道理に通らない選択肢は、正解になりません。もちろん受験テクニックだけ覚えていれば大学受験は大丈夫!という事ではありませんから、注意が必要です。ただし、大学受験本番は何といっても時間との戦い、プレッシャーです。解答時間を短縮してなおかつ高得点を得るためにはこういった基礎的なテクニックを覚えておく事は大事なのです。