2021年から始まる大学入学共通テスト!

いよいよ2021年(2020年度)入試から始まる大学入学共通テスト!!
「大学入学共通テスト」で求められるのは、思考力・判断力・表現力といった「自分で考える力」です。
「基礎的な知識や技能」を問われたセンター試験とは違う対策が必要になる為、WIPでも各教科の対策を考えております。
これからは大学入試のカタチも、求められる力も大きく姿を変えていきます。正しい情報を収集し、今から新しい大学入試に備えていきましょう!

英語

大学入学共通テストはセンター試験と変わらず80分ですが、発音や文法の問題がなくなり、全て文章を読む出題となっています。
時間内に解くのはセンター試験よりも厳しくなると言えますが、形式は変わっても結局の所、しっかりとした基礎力を要求されています。
設問の多くは正確な情報を文章から読み取れるかが問われますが、対応する為には文法と語彙、構文の力を軸にした精読力を訓練する必要があります。
そのうえで英文を一文毎にまた構造を理解させながら短めの文章から始めていきます。形式が類似しているTEAPの問題も授業で積極的に活用して英語の基礎力を鍛えます。
リスニングはセンター試験よりも若干複雑になった程度ですが、語彙や文法の基礎力が無ければ聞き取れるはずがありません。短時間で伸ばすよりも実直にティクテーション(書き取り)をしながら訓練させていきます。

 

国語

センター試験に代わる大学入学共通テストの導入を始めとして入試そのものが現在進行形で変りつつあります。国語の試行問題では複数の文章や資料から情報を読み取らせたり、書いてある内容から推論を求めたりするような従来とは違った形式の出題が見られます。また法律の条文、契約書、マニュアル、説明文を読み取らせる問題も出題されていて、そう言った「実用国語」的な出題をする私立大学もすでに出てきています。そのような時代の変化の中で私たちは次のような方針で指導を進めていきます。
① 入試体制や出題形式が変わろうとも、文章を正しく理解する力である読解力が基本となっているのは変わりません。だからどのような文章が出ても、それを正確に理解する読解力の基本を養成していきます。
② 生徒自身に解答理由を答えさせたり、記述答案を添削したりする機会を増やして、自分の考えを正しく伝える練習を従来以上に強化していきます。
③ 図や表を含むような新たな形式の問題や「実用国語」的な問題も積極的に取り入れていきます。
④ 推薦入試やAO入試指導の積み重ねがありますので、それを活かして新形式の入試問題にも対応していきます。
このように変化に対して柔軟な対応ができるのが少人数制予備校の強みです。

 

数学

現行の大学入試センター試験では解答欄を見る等して効率よく正答を得る傾向が強いが、新しい「大学入学共通テスト」では思考力・判断力・表現力を必要とし、さらに効率よく計算をする必要があります。
WIPでは前期授業(2月~7月中旬)・夏期講習で基礎となる重要事項を説明していきます。新傾向となる試験においても基本ができていないと基礎問題はもちろんのこと、応用や発展問題などは手が出ません。まずはしっかりと知識を入れることを重要視します。
演習は後期授業(9月以降)で練習していきますが、最初のうちは文章を読んで何についてのどんな式を立てればよいのかわからないと思います。まずは文章を読み理解して質問にどのように考えていくのか、どのような方針で進めていけばよいのかを説明していきます。WIPではその思考力・判断力・表現力を養うために少人数制の授業を活かし質疑応答の授業を用いて、ただの解説授業ではなくどうやって正しい考え方を導くのか、なぜこの考え方ではいけないのか等を判断できるような授業をしていきます。